薄毛や抜け毛の原因は一概には言えない

2013y12m26d_114336933

薄毛や抜け毛の原因は「食べ物が原因!」「ストレスが原因!」とはっきり言いづらいです。

いろいろな原因が積み重なって薄毛が進行するので、一つの情報だけを信じないようにしましょうね。

噂を信じやすい人は特に要注意です。

よく聞く髪に関する噂の真意

●辛い食べ物を食べると髪に良くないという噂

辛さは味というよりも刺激に分類されています。

辛みによる刺激が髪に影響を与えることはありません。

辛い物を食べて出た汗の方が薄毛の原因になっていることが多いですね。

 

●白髪は抜けにくいという噂

白髪の原因は毛根の黒色を作っているメラニン細胞が破壊されることにあります。

毛を成長させる毛母細胞とは関係ない活動なので

白髪になったら抜けにくくなるということはありません。

毛母細胞の働きが弱くなれば白髪でも抜け落ちます。

 

●薄毛は遺伝するという噂

確かに薄毛になる原因には遺伝が関係しています。

しかし遺伝しているのは薄毛ではなく薄毛になりやすい体質です。

薄毛が進行する前から予防ケアをしていれば髪のボリュームを保つことができます。

それよりも親が薄毛ではないからと言ってケアしない方が問題ですね。

どんな状態であれ一度髪の状態を確かめてケアしてみると良いですよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ