薄毛になりやすい遺伝子を持っていると分かればすぐ対策を!

2013y05m13d_122846359

薄毛は遺伝するという話はよく聞きますよね。

例えばお父さんが薄毛の場合は、子どもも薄毛になる可能性が高いです。

遺伝子だから気にしなくても大丈夫と思っていては手遅れになるかもしれませんよ。

薄毛になりやすい遺伝子を持っていなくても薄毛になる

薄毛になりやすい遺伝子を持っている人は

早めに対策をしておかないと若いうちから薄毛が目立つようになります。

 

薄毛対策には

薄毛を引き起こす悪玉酵素を抑える方法があります。

プロペシアなどの薄毛用薬品を摂取することで十分育毛ケアができますよ。

 

他にも育毛サプリ等を試してみて

髪の健康を体の内側から支えるようにすれば

薄毛にならずに済むこともあります。

 

薄毛になりやすい遺伝子を持っていない人でも油断は禁物です。

 

不規則な生活をしていたり

ストレスをため込んでいると髪が抜けていくことになりますよ。

 

自分から遺伝して子供や孫が薄毛になりやすい遺伝子を引き継ぐ場合もあるので

将来のためにも意識的に育毛ケアする必要はありますね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ