男性型脱毛症は20歳になったら意識すべし!

2013y11m30d_114051691

男性型脱毛症はホルモンバランスが変化する20歳から症状が現れ出します。

親族に薄毛が多い人は特に注意しましょう!

女性でも男性型脱毛症になる可能性があるので安心してはいけませんよ。

男性型脱毛症は男性ホルモンが変化することで起こる

男性型脱毛症は20歳を過ぎた男性から徐々に発症していきます。

成人になってから薄毛が気になりだしたと言う悩みが多くなるのはそのためです。

 

男性型脱毛症は男性ホルモンの1つであるテストステロンが酵素と結合してDHTに変化します。

このDHTが髪の毛を生成する毛母細胞の働きを抑制してしまうのです。

そのため抜け落ちていく髪は短くて細い毛が多くなります。

新しい髪を作ろうとしても成長が止まって抜けて行く男性型脱毛症の症状の一つですね。

 

同じ男性型脱毛症でも性別や生活環境によって薄毛の進行度などが変化します。

男性が薄毛で悩むことが多く女性の薄毛の悩みをあまり聞かないのも変化の一つになります。

 

もちろん全ての人が男性型脱毛症にかかる訳ではなくあくまで脱毛原因の一つなのですが

20歳を過ぎて薄毛が気になりだしたら男性型脱毛症を疑ってもいいかもしれませんね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ