更年期に入ると髪にも変化が起きる

2013y01m10d_162119058

女性は40代を過ぎると女性ホルモンの量が減少し、更年期障害になることがあります。

更年期になると髪にも影響が出る可能性があります。

抜け毛をストレスのせいだけにせず、自分の年齢と照らし合わせて抜け毛の原因を考えましょう。

更年期の女性が抱える髪の悩み

40代を過ぎると女性ホルモンの分泌量が減るため、体内の男性ホルモンの量が増えることになります。

そのため男性ホルモンによる脱毛作用が活発化され、男性のように頭頂部や前頭部から徐々に脱毛することもあります。

髪が抜けるだけでなく、毛が細くなるのも40代頃からと言われています。

40代女性の抜け毛の原因は更年期による女性ホルモンの減少だけではありません。

身体の老化、過度のストレス、低血圧や冷え症による血行不良、長期のパーマやヘアカラーなども抜け毛の原因になります。

傷んだ髪は毛根から抜けるものもあれば切れ毛になって中途半端な長さの髪が抜けることもあります。

今までの髪への対応を見直すと脱毛の原因ははっきりしてくるので、原因に合わせて脱毛対策をしていきましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ