頭皮に潤いを与えて頭皮の環境を改善する

2013y01m14d_163222578

頭皮の環境を整えると、育毛の効果が出やすくなるだけでなく、今ある髪の成長を促進させることができます。

頭皮環境を保つのに必要なのは潤いです。

意外に見落としがちな要素なので、育毛の効果を実感できない方は頭皮にきちんと潤いを与えているかどうか見直してみましょう。

潤いがあり、正常な量の皮脂が分泌されている状態が理想的

育毛の大敵は必要以上の皮脂です。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂が詰まり、育毛ケアの効果が充分に発揮されません。

さらに成長成分を送れないようにするため、どんどん毛が弱り抜け毛が増えていきます。

皮脂を取り除くためには、十分な洗髪が必要です。

しかし洗髪しすぎると、今度は頭皮が乾燥してしまいます。

皮脂が少なすぎると頭皮が乾燥しやすくなり、かゆみや炎症、細菌の繁殖を余儀なくされます。

皮脂の量が多いと感じるならばシャンプー洗髪する回数を増やすのではなく、専門家の手によってピーリングをしてもらい頭皮に十分な潤いを与えるようにしましょう。

特に40代以上の年齢になると皮脂の量がどんどん減少してくるため、頭皮を乾燥させないためにも充分な保湿が必要になります。

ただ皮脂を取り除くのではなく、ある程度の皮脂を持ち潤いのある頭皮環境を維持するよう努めましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ