女性ならではの病気にかかると薄毛になる?

2012y07m23d_133124773

女性特有の病気と言えば、更年期や子宮筋腫、乳がん、子宮頸がんなどがあります。

このような病気にかかると、女性ホルモンのバランスが崩れて薄毛が進行してしまうことがあります。

ここでは子宮筋腫後の薄毛についてご紹介します。

子宮筋腫の手術後に薄毛になったら

子宮筋腫は進行すると子宮だけでなく卵巣も取り除かなくてはいけなくなる病気です。

子宮筋腫の手術を受け、完治した後に薄毛が気になると言う症例が見られています。

手術後徐々に薄毛になり、他人から見ても髪の量が減ったと分かるようになるそうです。

このような薄毛の場合、早めに育毛商品を使用して育毛を始めておくと元の髪の量に戻ることがあります。

更年期の女性型脱毛症でも、軽症であれば育毛剤の効果が出やすくなります。

薄毛になってきたなと少しでも感じれば、早めに育毛商品で対策をしておきましょう。

 

薄毛を進行させたまま放置していると、女性なのに男性型脱毛症の症状が出るなど極端な進行になってまいます。

そうなってしまうと一般的な育毛商品では手の施しようがないので、医療機関に頼らざるを得なくなり、治療に時間もお金もかかってしまいます。

薄毛に気付いたときに早めに対処することで、短期間でお金もかけず薄毛を治すことができます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ