生まれつき髪が少ない人もそうでない人も、薄毛は避けて通れない

2012y07m23d_133218247

生まれつき髪の毛が細かったり、量が少ない人がいます。

しかしそうでない人でも、加齢とともに薄毛や抜け毛が深刻化することがあるので注意が必要です。

普段から抜け毛・薄毛対策をしている方が、将来の髪のことを考えられている人なのです。

加齢による抜毛や薄毛は誰にでも来る

生まれた頃から髪が少なかったり、髪が細かったりしている方は、頭皮ケアを十分に行っています。

確かに生まれつきの脱毛症というものは存在し、遺伝性乏毛症などと呼ばれています。

この病気の場合、どんなに治療しても元の髪の量以上に髪が増えたり、髪が太くなったりすることはほとんどありません。

だからと言って、育毛に効果がないという訳でもありません。

むしろ生まれつき薄毛でない人の方が育毛に対する知識が薄く、正しい育毛を行わず薄毛や抜け毛を進行させてしまう傾向にあるからです。

どんな方でも加齢による薄毛は避けて通ることができません。

毎日の生活習慣を規則正しくしたり、自信に合った育毛剤を使用することで、今以上の抜け毛を増やさないように、髪を細くしないように予防することが一番の薄毛対策になります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ