季節によって髪の量は変わってくる

2013y04m15d_163933159

普段の変化では感じられませんが、髪の量は季節によって増えたり減ったりしています。

髪の量が増える時期には、その季節の前にきちんと対策しておけば髪の減る量が少なくなりますよ。

まずはなぜ髪の量が変化するのかその原因を知っておきましょう。

夏に受けたダメージが秋に現れる

夏は髪や頭皮にとって過酷な季節となります。

紫外線や熱などによってダメージが蓄積され

そのダメージによって抜ける毛が秋になって表れてくるのです。

 

なので夏が終わる9月から11月は髪の量が少なくなります。

その逆に

春になる3月から7月にかけてが一番髪が多い時期になりますね。

 

夏に受けるダメージを減らしたり

ダメージを軽減するなどの対策を取らないと

薄毛になった部分がより目立つようになってしまいます。

 

紫外線防止のために帽子を被ったり

皮脂や汗を落とすためにこまめにシャンプーするなどしましょう。

 

また特定の食べ物や飲み物を摂取することで

体の内側から抜け毛しにくい髪にすることもできます。

 

おすすめの食材はイワシなどの魚介類、スイルリナ、コラーゲン

飲み物だとドクダミ茶、野菜ジュース、ウコンなどが良いでしょう。

 

これらは夏に受けたダメージを軽減する働きがあるので

日常的に摂取した方が良いですね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ