遺伝によって薄毛になる人は悪玉酵素に敏感なため

2013y05m23d_125515519

薄毛や抜け毛の原因が遺伝であることはよく知られていますよね。

しかし直接的に「薄毛になる遺伝子」というものはありません。

遺伝によってホルモンの分泌量が変化し、薄毛になりやすい体質の人がいることは確かですが、遺伝に関係なく薄毛になりやすい人がいるのも確かです。

悪玉酵素を抑制できる体にしよう

遺伝によって多少は自分が将来薄毛になるかどうかが分かりますよね。

しかし中には親族に薄毛の人はいないのに

最近髪が少なくなってきたという人もいます。

 

なぜ遺伝に関係なく薄毛になる人がいるのでしょうか。

結論から言うと

薄毛になりやすい人は薄毛を促進させる悪玉酵素に敏感な人ということになります。

 

悪玉酵素に敏感に反応してしまうことで

薄毛になる将来を自ら招き入れているのです!

 

悪玉酵素に敏感になっている体質が遺伝することで

次の代にも薄毛になりやすい体質が続いていきます。

逆に言うと

悪玉酵素の力を抑制することが出来れば薄毛になりにくい体質になって

次の代にも影響を及ぼさずに済みます。

 

そんな体作りをするには

大豆イソフラボンを多く摂るようにするだけです。

 

大豆イソフラボンは女性の育毛ケアに良いとよく言われていますが

遺伝による薄毛になっている人でも効果があることが

最近になって分かってきています。

普段の育毛ケアをしつつ大豆イソフラボンを摂っていくと

少しずつ育毛効果が出てくるのが分かってきますよ。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ