薄毛の原因となる皮脂を丁度良く調節してくれるシャンプー

2012y07m01d_155729809

薄毛の原因としてよく聞くのが「頭皮の皮脂が毛穴を塞ぐ」ということです。

皮脂は多いと育毛の邪魔をしますが、逆に落としすぎても育毛によくありません。

皮脂の量を適切に調節してくれるシャンプーが登場しました。

 

皮脂はどれくらいの量が育毛にベストなのか

頭皮には皮脂が出る皮脂腺が他の皮膚の5倍以上あります。

そのため頭皮は皮脂が溜まりやすくなっています。

皮脂が溜まりすぎていると、フケやかゆみの原因になります。

頭皮をかいてしまうと髪の毛も一緒に抜けてしまうため、抜け毛の原因となります。

また皮脂が髪の毛の生える毛穴を塞ぐため、育毛剤の効果が出にくくなります。

 

しかし、皮脂は取りすぎてしまうのも良くありません。

皮脂を取りすぎてしまうと、新しく皮脂を生成しようと過剰に皮脂を分泌してしまいます。

その結果、もっとべたついた頭皮になってしまうのです。

また、皮脂は頭皮を守るバリアの役割をしています。

ほこりや雑菌から頭皮や毛穴を守っているので、皮脂を取りすぎてしまうとそのバリアの効果がなくなり、ほこりが溜まったり菌が繁殖しやすくなります。

 

アルガンK2シャンプーは皮脂を取りすぎないシャンプーです

アルガンK2シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているので、やさしい洗い心地のシャンプーになります。

アルガンオイルを配合しているため、いらない皮脂や汚れだけを落として育毛に一番良い頭皮の状態にしてくれます。

その効果が既に話題を呼び、多くのメディアで取り上げられているほどです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ