シャンプーしすぎも良くない?地肌を乾燥させないシャンプーの極意とは

2012y07m21d_095005360

健康な髪の毛を育てるために、シャンプーの仕方はとても大切な要素です。

しかし、育毛に敏感になりすぎるあまり、必要以上にシャンプーをしてしまう人がいます。

シャンプーをしすぎると頭皮を痛め、かゆみや乾燥の原因となってしまいます。

シャンプーの極意

・シャンプーは3日に1回で大丈夫

シャンプーを使った洗髪は3日に1回でも十分効果があります。

頭皮に脂が溜まりやすい人でも、2日に1回の頻度で構いません。

 

・シャンプーしないときはお湯洗いする

シャンプーを使わない洗髪のときは、お湯だけで髪を洗いましょう。

ゴシゴシ髪を濡らすのではなく、髪に付いた汚れを優しく揉みだすように洗髪します。

 

・シャンプーの洗髪とお湯の洗髪を使い分ける

3日のうち1日はシャンプー、2日はお湯だけといったように、洗髪の方法を変えるならば毎日洗髪しても構いません。

 

・シャンプーするなら朝ではなく夜

夜の10時から2時の間は、肌や髪の細胞が活発化し、成長する時間帯です。

この時頭皮を清潔にしていると成長効果が上がるので、シャンプーをする時は夜寝る前にしておきましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ