冬の寒い時期はシャンプーの方法を少し変えてみよう

2012y08m31d_115734107

冬は夏とは違うダメージが髪や頭皮に襲いかかります。

夏と同じようなシャンプーをしていると、抜け毛や薄毛を悪化させてしまうかもしれません。

冬の寒い時期にあったシャンプーの方法をご紹介します。

寒い時期に合わせたシャンプーの方法

シャンプーをする前に、蒸しタオルで髪と頭皮を温めておきましょう。

38度程度のお湯で髪と頭皮を少し濡れしてから蒸しタオルを巻くとより効果的です。

温めることで頭皮の血行が良くなりますし、毛穴が開くので汚れが落ちやすくなります。

洗髪はシャンプーを使用する日とお湯だけの日に分けて行いましょう。

洗髪する時は爪を立てて強く洗うのではなく、指の指紋がある部分を当てて優しくマッサージするようにしましょう。

シャンプーを使用した場合、泡が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

洗髪後はトリートメントをつけましょう。

トリートメントは髪だけにつけ、頭皮にはつけないように気を付けましょう。

お風呂から出て髪の水分を拭き取りましょう。

タオルでゴシゴシ拭いてしまうと髪が傷むので、押しあてるような感じでタオルドライをしましょう。

タオルドライが終わったらドライヤーで乾かします。

髪からドライヤーを20センチ以上は離し、長時間ドライヤーの熱を髪にあてないようにしましょう。

早めに乾かした方が髪が傷まずに済みます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ