育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

2013y02m14d_164229169

育毛剤だけでなく、ドラッグストアに置かれている商品には医薬品と医薬部外品に分かれているものが多々あります。

医薬品と医薬部外品にはどのような違いがあるのでしょうか。

違いによって育毛の効果にも差が出るのでしょうか。

医薬品と医薬部外品の定義

「医薬品」

治療や予防をするためにもの。薬。

「医薬部外品」

医薬品よりも人体への作用が緩和なもの。成分の効能や効果を表記することができる。

「化粧品」

清潔、美化、健康維持を目的としたもの。効能や効果は表記できない。

 

医薬品と医薬部外品には薬事法により特定の効能や効果を表記することができます。

化粧品は効能や効果を表記することはできませんが、医薬品医薬部外品と同様人体に作用するものです。

効果は医薬品が一番強く、次いで医薬部外品、化粧品となります。

医薬品は効果や効き目が早いですが、医薬部外品は効果が緩やかになるため、そこが医薬品と医薬部外品の違いとなります。

医薬部外品だから効果が低いという賭けではありませんし、用途によっては医薬部外品の方が使いやすいと場合があります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ