普段あまり気にされない育毛の仕組み

2013y02m28d_112914857

多くの人は「育毛剤を使えば髪が生える」という簡単な育毛剤の定義を持っています。

育毛という言葉にはは詳しい意味があり、様々な要素が折り重なって髪が生える仕組みを作っているのです。

育毛剤の効果を感じるためにも育毛の仕組みを知っておきましょう。

育毛の仕組みとは

人間の髪の毛は、頭皮から出ている毛幹と、頭皮の中にある毛根に分類できます。

毛根の根元には毛球があり、毛球の中心部分のくぼみは毛乳頭と言います。

毛乳頭は体内から栄養を取り込み、毛球の内部にある毛母細胞へと送る働きがあります。

栄養を受け取った毛母細胞は細胞分裂を行い、それにより髪を成長させます。

この一連の作業を促進させることを育毛と言います。

育毛には育毛剤や育毛シャンプー、育毛専用の機械、マッサージなど様々な種類と方法があります。

育毛をする際に注意すべき事は、育毛をしすぎないことです。

早く効果を出すために育毛剤を数種類同時に使用したり、必要以上の頭皮ケアを行ってしまうことがあります。

過剰な育毛により一時的な効果は得られても、育毛後には髪が弱り育毛前よりも状態が悪化することがあります。

育毛は頭皮にも髪にも負担をかけないようやさしく行うことが重要です。

体のサイクルを正常にしていれば育毛の効果は十分にあるので、適度な育毛剤の使用に加え食生活や運動に気を使って体全体の健康を維持するよう心掛けましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ