脱毛症を保険適用の病気として認定してほしい!

2013y03m01d_194230477

日本には抜け毛で悩んでいる方が大勢います。

しかし脱毛症で保険が適用されている病気は多くありません。

悩みを抱えている人が多いのに自己負担が多いのは納得がいきませんよね。

 

育毛ケアの負担がすべて自分にかかってしまう

AGAなどの一部の脱毛症は

病院で診察を受けて薬を処方された場合保険が適用されます。

 

しかしAGAではない脱毛症を持つ人は保険が効かず

医療費や薬代がすべて自己負担になってしまいます。

 

抜け毛対策の薬としてプロオペシアを処方してもらうことが多いのですが

その料金も自己負担となり費用が多くかかってしまいます。

 

比較的安いジェネリック医薬品を輸入しようとしても

規制がかかる薬品もあるので安く抜け毛対策の薬を手に入れることができないとか・・・

 

これだと費用の関係で育毛を断念する人も出てきますよね。

 

それにこの状態のままだと

国内で抜け毛対策の薬を販売している会社の一人勝ちになってしまいます。

 

日本では脱毛症に関してまだまだ認識が甘いですが

育毛剤や育毛シャンプーの種類は豊富なので

それらを使用して育毛ケアを続けていけたら良いですね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ