効く育毛剤と効かない育毛剤がある

2013y04m08d_124154248

「必ず髪が生えると言っていた育毛剤なのに全然髪が生えてこない…」という経験は、育毛ケアをしている人なら誰でもあるかと思います。

効果が出ない原因は育毛剤ではなく、あなた自身にあるかもしれません。

育毛剤を手当たり次第試すのではなく、まずは自分の生活環境を顧みてみましょう。

使い始めやライフスタイルに合わない使い方には要注意

薄毛が気になってくると

まずは育毛剤を使って髪を増やそうと思いますよね。

しかしただ育毛剤を使うだけでは

育毛剤の効果を十分発揮することはできません。

 

効果が出ないのは育毛剤のせいではなく

髪の状態をよく知らないまま安直に育毛剤を購入し

使ってしまうことに原因があります。

 

育毛剤を購入する時に一番重要なのは

薄毛の原因と育毛剤の効果が合っているか

と言うことになります。

 

薄毛の原因は一人一人違います。

生活習慣の乱れ、遺伝性、ストレス、タバコ、アルコールなど

原因の種類も様々です。

 

例えば風邪を引いて熱が出たとき

風邪薬には解熱成分があるものを選びますよね。

 

それと同じように育毛剤も選ぶべきなのです!

 

ストレスならストレス、遺伝なら遺伝原因に効く育毛剤を使用しないと

育毛ケアした時間が無駄になってしまいます。

 

すべての原因に効く総合的な育毛剤もありますが

一点集中型の育毛剤よりも効果は低いと考えて良いでしょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ