ロゲインによって知るミノキシジルの濃度と育毛の関係

2013y10m19d_152039461

ロゲインは海外で開発されたミノキシジルを主成分とした育毛剤です。

ロゲインには女性用のロゲインがあり、これはミノキシジルの濃度が少し低くなっています。

男性型脱毛症の人はこの濃度ではあまり育毛の効果が出ないかもしれません。

ミノキシジルの濃度によって育毛の効果が変わってくる

ロゲインに含まれているミノキシジルは5%分の濃度しかありません。

他の育毛剤と比べて低濃度なので

男性型脱毛症の特徴でもある生え際やM時脱毛の育毛には向いていない濃度になります。

 

もし生え際やM時脱毛を改善したいのであれば

高濃度のミノキシジルタブレットを使用した方が効果が出やすくなります。

しかし逆に発毛力が高すぎるという副作用も出ることがあるので注意してください。

 

5%ほどのミノキシジル濃度で効果が出やすいのは頭頂部の脱毛になります。

ロゲインを使用した人の1割が改善するという結果が出ています。

また育毛の効果を感じるのが早く一番早い人だと1週間で効果が出ることがあります。

平均でも2~3ヶ月で効果が出るので

日本で市販されている育毛剤よりかは効果が出やすくなっていますね。

 

ロゲインは海外で製造されている育毛剤ですが個人で使用するならば輸入が可能です。

どうしてもロゲインを購入したいという方は個人輸入代行サービスの利用をおすすめします。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ