育毛剤に含まれている代表的な成分

2013y01m11d_155458003

育毛剤の裏に書かれている配合成分には様々なものがあり、どれがどう効くのか判断できない場合があります。

多くの育毛剤は4鵜の種類に効果を分けることができます。

脱毛の原因や改善方法をその4つにあてはめることで一番効く育毛剤を選ぶことができます。

効果別 育毛剤配合成分

■血行促進剤

毛根につながっている毛細血管の血行を促進させることで、血管を拡張し血液の量を増やします。

これにより血液から毛根へ栄養が届きやすくなり髪の生成を助けてくれます。

ほとんどの育毛剤にこの血行促進剤は含まれています。

 

■細胞賦活剤

毛根や毛母の細胞に働きかけることにより、細胞分裂を促進させます。

毛根の髪生成機能が低下している場合に有効な成分です。

 

■保湿剤

皮脂の減少により頭皮が乾燥した時に保湿することで育毛しやすい頭皮環境に調節します。

保湿すると頭皮が柔らかくなるので、髪を生成する細胞の機能を低下させないようにもできます。

 

■消炎剤

頭皮につく細菌の繁殖や炎症を抑制する働きがあります。

頭皮の乾燥が気になるときに有効な成分です。

かゆみが出たときに頭皮を掻いてしまうときもなるべくこの成分を頭皮に付けた方が良いでしょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ