育毛剤の間違った使い方

2013y01m28d_175411414

育毛剤の効果を十分に感じられない方は、もしかしたら育毛剤の使用方法が間違っている可能性があります。

効果があまりないなと感じたら、まずは自身の育毛ケアの方法を見直してみましょう。

意外と間違った方法で使用しているケースが多いので要注意です。

この方法は間違った育毛剤の使い方

×髪が乾いていない状態で育毛剤を使う

髪を洗った後、乾かさずに育毛剤を付けても効果はあまりありません。

頭皮の毛穴に水分が溜まっている状態なので、育毛剤を使用しても毛穴の奥まで有効成分が届かないからです。

育毛剤を使用するときは、少なくとも頭皮の水分を取るためにタオルドライはしておきましょう。

 

×分け目を付けないで育毛剤を付ける

育毛剤は頭皮にしっかり浸透させることで効果が現れやすくなります。

分け目を作らずに使用しても、髪に育毛剤が付着しやすくなり頭皮に成分が行き渡りにくくなります。

髪が短くとも、ピンなどを使用してはっきり分け目を作ってから育毛剤を付けるようにしましょう。

 

×コットンに育毛剤を染み込ませて使う

化粧水と同じように育毛剤を使用しても、効果はほとんどありません。

コットンで育毛剤を染み込ませて頭皮にあてても、頭皮ではなく髪にしか育毛剤を付けれません。

育毛剤を十分に行き渡らせるためには頭皮に直接育毛剤を送り込む方法が一番です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ