日光や紫外線で受けたダメージは早めに補修しよう

2013y01m30d_174009718

長時間外に出ていて、帽子も日傘もしていない状態だと髪にダメージが蓄積されてしまいます。

受けたダメージをそのまま放置していると、やがて抜け毛になって髪の量が減っていくことになります。

今ある髪を大切にするのなら、ダメージを早めに補修し労わる必要があります。

シャンプー、育毛剤、マッサージが補修の決め手

日光や紫外線に当たった髪は、キューティクルが剥がれ髪が乾燥していきます。

この乾燥を食い止め髪のダメージを補修するには、補修できるシャンプーで洗髪することが重要です。

髪のダメージを補修するために使用するシャンプーは、保湿能力が高く皮膚(特に頭皮)の刺激が少ないものにしましょう。

シャンプーで洗髪するときはマッサージするようにやさしく洗い、決してゴシゴシ擦りつけるようにしないでください。

シャンプーブラシを使うこともおすすめしません。

洗髪した後は泡を丁寧に流し、コンディショナーを付けて蒸しタオルを巻いておきましょう。

日光や紫外線は髪だけでなく、頭皮にもダメージを与えています。

シャンプーとコンディショナーだけでは頭皮の補修が不十分なので、必ず育毛剤を使用しましょう。

育毛剤を頭皮に付けた後は、これもマッサージするように頭皮にもみ込みます。

髪や頭皮に優しく栄養を与えることで、ダメージ補修が簡単にできるようになります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ