出てくるフケの種類によって育毛剤も変えなければいけない

2013y02m08d_174213742

髪や頭皮の質が個人によって違うように、フケにも個人によって性質の差があります。

育毛剤もフケの種類によって使い分けをするようにしましょう。

タイプが違う育毛剤を使用していると、逆効果になることもあります。

フケの種類は2つある

フケには2つの種類があります。

油を含んでいるような湿ったフケと、乾燥してぱさぱさしているフケの2種類です。

油っぽいフケは毛穴に詰まることがあり、毛穴に育毛剤を送るのを邪魔することがあります。

乾燥したフケは量が増えるとかゆみを伴うため、頭皮を掻いてしまい頭皮環境を悪化させてしまいます。

このように、フケの種類によって育毛ケアへの妨害要素が異なります。

これらのフケの妨害を阻止するには、フケの種類に合ったた育毛剤や育毛シャンプーを使用してフケを落とす方法が一番です。

フケを洗い流す効果だけではなく、フケを作りにくくする成分が配合されているものを選ぶ方が良いです。

このときに、自身のフケのタイプとは違う育毛商品を使用すると、フケの量が増えるなど逆の効果が出てしまうことがあります。

育毛商品を選ぶときには、まず自分の頭皮や髪、フケの性質を知ってから、それに合うものを選びましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ