髪のケアに構いすぎていても薄毛になる?

2014y01m15d_134033162

育毛ケアに高い効果を求めるあまり、必要以上にケアしすぎてしまう人がいます。

過度な育毛ケアはそれ自体が薄毛の原因になることもあります!

適度なケアが出来ているか定期的にチェックしておきましょう。

過度なケアをしていないか確かめるチェック項目

必要以上の育毛ケアは髪を傷めたり育毛効果をなくしてしまう可能性があります。

以下のチェック項目にひとつでも当てはまるときは

そのチェック項目の内容を改善するようにしましょう!

 

①シャンプーを使った洗髪を1日に2回以上している

②シャンプーする時はゴシゴシ力を入れて洗っている

③シャンプーを洗い流す時は熱めのお湯で流している

④髪を乾かす時はドライヤーの熱を最強にして一気に乾かしている

⑤おしゃれのためにパーマやヘアカラーなどをしている

⑥よく髪を結んだり編んだりしている

⑦仕事などで帽子やヘルメットを被っている時間が多い

⑧髪は薄毛になってきているがひげや胸の毛は濃いままある

⑨冷え症である、血行不良である

⑩いつも肩こりに悩まされている

 

⑧~⑩項目は育毛ケアとはあまり関係がありませんが

これらのチェック項目が当てはまっている人はそれだけ薄毛が進行している証拠になります。

当てはまった項目を改善して早めの薄毛の原因をなくすようにしてください!

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ