遺伝でハゲるって本当?

遺伝によって髪の毛が薄くなるとよくいいます。
果たしてそれは本当なのでしょうか?

体質自体は遺伝する可能性あり

遺伝によって髪の毛が薄くなるということは、正解でもあり間違いでもあります。
正確に伝えるのであれば、遺伝によって髪が薄くなりやすい体質になるというのが正しいです。
つまり髪の毛が薄くなる遺伝子というものはありませんが、体質は遺伝してしまう可能性があるのです。
ではどのような体質が髪の毛が薄くなりやすいのでしょうか?

髪の毛が薄くなる体質

まず男性ホルモンが多いと髪が薄くなりやすくなります。
男性ホルモンが偏ると脱毛ホルモンに変わり、髪の毛が抜けてしまうのです。 また頭皮汚れなども血行を悪くし、髪の毛を薄くします。
他にもフケが多い人は総じて髪が抜けやすい体質なので要注意です。

AGAなら病院へ行こう

それでは何をすれば髪の毛が抜けにくい体質になるのでしょうか?
まずはホルモンバランスを見直しましょう。
ホルモンバランスは病院に行ってお薬をもらうことで治せます。
ホルモンバランスが原因の抜け毛はAGAといい、病気の一つとして診断されるので恥ずかしがる必要はありません。

他にも出来る体質改善

その他、睡眠時間をしっかり管理したり、食事のバランスを見直すことで体質改善が出来ます。
実は抜け毛対策とは健康な生活をおくれば自然と出来るものなのです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ