ホルモンによる抜け毛の影響力とはどれほどのものなのか

2013y02m09d_173948323

男性の抜け毛の原因は遺伝による物があるというのが通説ですが、遺伝性はどこまで信用が置けるものなのでしょうか。

また、女性も男性ホルモンの影響を受けて男性型脱毛症になるケースもあります。

ホルモンと遺伝には深い関わりがあり、それが脱毛に関係しています。

薄毛の大きな原因である遺伝とは

薄毛の原因には、ホルモン、環境、食事、生活など多種多様に存在します。

特に男性が気にしている脱毛の原因はホルモンです。

男性型脱毛症の原因として、男性ホルモンの影響が大きいと言われているからです。

男性ホルモンは男性にしかないと言うわけではありません。

女性にも男性ほどではないですが男性ホルモンがあります。

そして男性ホルモンの分泌量が多い女性も男性型脱毛症になることがあります。

男性ホルモンの分泌量を決める要因の一つに遺伝性があります。

遺伝的に男性ホルモンを分泌しやすい遺伝子と分泌しにくい遺伝子があります。

男性ホルモンを分泌しやすい遺伝子があると、男性でも女性でも男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛になる可能性が高くなります。

しかし、この遺伝性は100%と言うわけではありません。

両親が薄毛でも子供は薄毛にならない例もありますし、その逆のパターンもあります。

薄毛の原因である環境や食事、生活にも目を向けて全体的に薄毛を予防することが大切です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ