薄毛を隠したくてもかつらをつけるのは最終手段に

2013y05m13d_122742367

だんだんと薄毛を人に見せるのが恥ずかしくなって、かつらをつけたくなる気持ちもわかります。

しかしそのかつらが逆にストレスを起こして、より薄毛を進行させている可能性があります。

薄毛を見せている方とかつらで隠している方、どちらが精神的に楽かよ~く考えてみましょう。

かつらをつけているときはストレスで抜け毛を増やしている状態になる

かつらをつけているときのメリットは

薄毛になった髪が分からない

薄毛だとばれないというところにあります。

 

しかしそれ以上のメリットはないと言って良いでしょう。

かつらはデメリットの方がたくさんあるのです!

 

かつらは頭皮に特殊な素材をかぶせているようなものなので

非常に蒸れにく汗や皮脂が出やすい状態になります。

かつらを長時間つけていると頭皮環境が悪くなって

抜け毛を進行させてしまいます。

 

また日々の髪のセットにも手間がかかってしまいます。

かつらがなければ自分の髪をセットするだけなのですが

かつらがあると自分の髪もかつらの髪もセットしなければいけないので

忙しい人にとっては非常に大変です。

 

一番のデメリットは対人関係にあります。

いつかかつらとばれてしまうのではないか

職場の人や恋人にいつかつらだとカミングアウトすれば良いのか…等々

いろいろな不安要素が出来てしまってストレスを溜めやすくなります。

 

これだとかつらをつけていない方が

身体的にも精神的にも健康になるのではないでしょうか…

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ