自然に髪が抜ける状態は薄毛ではない

2013y12m02d_110821892

薄毛になっておらず健康な髪と頭皮の状態でも髪は抜けますよね。

ではどこからが薄毛や抜け毛と判断されるのでしょうか?

抜ける髪の量が増えてきたら薄毛が進行していると思ってください!

自分が抜け毛を進行させているかどうかを見極める

ただ髪の毛が抜けることが薄毛ではありません。

それなら人間だれもが薄毛になってしまいますからね。

 

薄毛の定義は「寿命を終えた髪が抜けた後、正常にまた髪が生えてこない状況のこと」を言います。

髪の毛には毛ヘアサイクルがあります。

そのサイクルは平均2~6年を一回りとして周期的に変化します。

 

髪の毛が抜ける休止期に入っている髪は全体の10%なので

健康な人は1日50~70本ほど抜けても問題ないことになります。

50本は意外と多いように感じますが髪のセットやシャンプーをしていると

自然にそれくらい落ちるものなのですよ。

 

薄毛になっているかどうかの違いは1日に抜ける髪の量で判断します。

一日で抜ける髪の量が70本以上になってきたら薄毛が進行していると言えるでしょう。

また短く成長しきっていない髪が抜けている場合は

頭皮環境が原因で抜け毛が進行しているので

それも見逃さないよう髪のチェックを怠らないようにしましょうね。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ