薄毛や抜け毛の主な原因は遺伝とストレス

2013y12m07d_163705519

薄毛や抜け毛が進行する原因でよく聞くのが遺伝とストレスです。

遺伝といっても必ず遺伝するわけではないので育毛ケアで抜け毛を予防することができます。

ストレスによる薄毛もストレスの元を解消すれば自然と髪も元に戻りますよ。

脱毛の原因に合った育毛ケアをしよう

□遺伝による抜け毛薄毛

よく薄毛は遺伝すると言いますが薄毛そのものが遺伝するわけではありません。

遺伝するのは脱毛の原因となる物質を作る男性ホルモンの量や頭皮環境になります。

 

最近では医療研究が発達したことで脱毛原因になる男性ホルモンを抑制できたり

頭皮環境を改善することができます。

ちゃんと薄毛にならない対策方法はあるのであきらめずに

AGA専門の医師や育毛クリニックで相談してみましょう。

 

□ストレスによる抜け毛薄毛

最近多い薄毛の原因がストレスです。

昔は男性が薄毛で悩むことが多かったですが

最近では女性も薄毛に悩んでいる人が増えてきています。

 

女性が社会進出したことでストレスが増え

薄毛になってきているのが原因の1つだと考えられます。

過度なストレスがあるとホルモンバランスや自律神経が乱れ

髪を成長させる細胞や血管の働きが鈍ってしまいます。

そのため髪に栄養が届かなくなり髪が育たず抜け落ちてしまうのです。

 

よく聞く円形脱毛症もストレスによる脱毛の一つですね。

ストレスが原因の薄毛はそのストレスがなくなると解消されることがよくあります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ