M字型O字型脱毛以外の脱毛症状の研究進行はまだまだこれから

2013y12m09d_132450001

日本人に多い脱毛のタイプはM字型脱毛とO字型脱毛になります。

この二つの脱毛については研究が進められていて専用の育毛ケア方法があります。

しかし世の中にはU字型脱毛など他の脱毛の症状があります。

研究が進めば薄毛に悩む人も少なくなる

日本人の成人男性の10%が男性型脱毛症を発症すると言われています。

脱毛症を発生すると正しい育毛ケアをしない限りどんどん薄毛が進行してきてしまいます。

 

日本人男性に多い脱毛の症状はM字型脱毛になります。

また女性が脱毛症を発症する場合はO字型脱毛になるパターンが多いですね。

 

脱毛症の原因であるDHTは前頭部や頭頂部に影響を及ぼすため

M字型やO字型に薄毛が進行してしまうのです。

 

しかしどんなに薄毛が進行しても髪が成長している部分がありますよね。

頭を真上から見てU字型の部分はDHTの影響を受けにくいため薄毛になりにくく

ちゃんと髪が成長し続けます。

どんなに薄毛が進行してもスキンヘッドにならないのはそういった髪の毛があるからなんですね。

 

基本的に側頭部の髪は薄毛になりにくいのでその部分の育毛についてはあまり研究されていません。

それがかえって側頭部に薄毛が進行している人にとってはかなり厳しい状態になっています。

全員が同じ薄毛のタイプになるわけではないので

すべての薄毛のタイプをケアができるよう研究が早く進んでほしいところです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ