朝のシャンプーは育毛に悪影響?!

2012y06m14d_125816213

シャンプーをする時間が朝の時間帯の方もいらっしゃいますよね。

毎日のリズムのうちに組み込まれているので、それは当然なことだと思います。

しかし、育毛の効果を上げたいのならば、朝ではなく夜にシャンプーをするのが理想的なのです。

 

なぜ朝のシャンプーが育毛に良くないのか

朝のシャンプーが育毛に良くない理由は、主に3つあります。

 

理由その1:朝に開いた毛穴を刺激してしまう

起きたときの頭皮は、毛穴が開いている状態にあります。

毛穴が開いているときにシャンプーをすると、必要以上に頭皮を刺激してしまい、育毛が逆効果になります。

 

理由その2:頭皮を守る庇護膜ができない

シャンプー後には、頭皮の毛穴から脂を出し、頭皮を守るための膜を形成します。

その膜のことを庇護膜と言い、紫外線や汚れから頭皮を守るはたらきがあります。

しかし朝にシャンプーをしてしまうと庇護膜が洗い流されてしまいます。

新しい庇護膜が形成されないうちに外出してしまうので、汚れや紫外線から頭皮を守ることができなくなります。

 

理由その3:夜の育毛作業を皮脂が邪魔をする

髪が生える時間は、夜の10時から2時の間と言われています。

その時間は成長ホルモンが多く分泌されるため、髪も成長します。

夜にシャンプーをしておかないと、この夜の成長活動の際に、その日に溜まった皮脂が成長の邪魔をしてしまいます。

皮脂が溜まった頭皮はいわば窒息状態なので、健康的に髪が成長できなくなります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ