病気?生理現象?最近よく聞く「AGA」とは?

2012y06m17d_114157775

TVCMなどで最近話題になっている「AGA」という言葉をご存知でしょうか。

AGAとは男性型脱毛症の事であり、最近では病院で治療できるようになりました。

抜け毛が気になる方は、AGAかどうかチェックしてみましょう。

 

男性型脱毛症の主な症状や原因は

AGAは「Androgenetic Alopecia」を略したものになります。

AGAにかかる原因は男性ホルモンにあります。

思春期から急激に増える男性ホルモンが頭皮に影響を与えます。

症状としては、主に前頭葉や頭頂部の髪は薄くなることが主です。

 

AGAで薄毛になる流れ

人間の髪にはヘアサイクルがあり、一定のサイクルの髪の毛が生え変わります。

AGAを発症してしまうと、そのヘアサイクルを乱されてしまいます。

まずは髪が生える成長期の時期を短縮させます。

そのため髪は太くなくなり、生え変わる前と同じ本数でも髪が薄くなったように感じます。

細い髪の毛は抜けやすいので、どんどん髪が抜けていき、そのまま次の成長期に入ります。

成長期に入る髪が少なくなるので、髪の抜けやすい退行期や、毛根の活動を休める休止期になる髪が増えてしまいます。

十分な成長ができないので、さらに細い髪が増え、抜け毛が進行してしまうのです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ