ストレスで髪は抜ける?

髪の毛が抜ける理由にはさまざまなものがあります。
その中でもストレスは大きな原因の一つです。

ストレスで髪は抜ける

ストレスが原因により髪が抜ける仕組みには諸説あります。
なかには、とあるテレビ番組にて「ストレスで髪は抜けない」と断言されたことも。
しかし、実際にストレスで髪の毛は抜けます

ストレスと自律神経

それでは髪の毛がストレスによって抜けやすくなるメカニズムを見てみましょう。
まずストレスが溜まることによって、自律神経が緊張状態になります。
すると血管の収縮が発生し、頭皮への血行不良が起き、抜け毛が出てきてしまうのです。
簡単に図にすると

ストレス→自律神経の乱れ→血管の異常→頭皮の血行不良→抜け毛

と表せます。
これは心療内科の先生が実際におっしゃった事例です。

円形脱毛症もストレスが原因

またストレスが原因による抜け毛だと、円形脱毛症が有名です。
円形脱毛症の難しいところは、一度かかると再発しやすいところです。
また女性にも多く見られる症状であることを特筆しておきましょう。

心療内科でストレスと向き合って

これらのストレスが原因の抜け毛に最も効果的なのは心療内科での受診です。
最近では心療内科も綺麗でオシャレな雰囲気なものが増え、とても受けやすくなりました。
一度心療内科で自分のストレスと向き合うことで、薄毛を軽減しましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ