禁煙することでAGAの治療効果が上がるかもしれません!

2012y07m13d_203301127

育毛に必要なのは規則正しく健康的な生活です。

そんな中、やはり喫煙は育毛にとって良い影響を与えるものではありません。

タバコを止めることによって、脱毛を抑制することができることがあります。

 

血管の収縮が抜け毛や薄毛の原因かも

たばこを吸うと血管が収縮して、運動すると息切れしやすくなったり血行が悪くなりますよね。

それと同じようなことが、頭皮にも起こりえるのです。

頭皮にも欠陥が張り巡らされており、血管に流れる血液から髪へと栄養が送られています。

つまりタバコを吸っていると、血管が収縮して血行が悪くなり、髪に栄養が行きにくくなってしまうのです

タバコと抜け毛の関連性が未だはっきりしておらず、男性型脱毛症であるAGAとの関連性も明らかになっていません。

しかし、タバコをやめることで血管収縮がなくなり、AGAの治療の効果が上がることは事実です。

AGAも喫煙も病院にかかることで治療と予防をすることができます。

禁煙外来で禁煙のための飲み薬をもらい、皮膚がでAGAの治療をしてもらえば効率的に抜け毛予防ができるようになります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ