髪の毛は毛球部にある毛母細胞がないと作られません!

2012y07m16d_113712200

育毛をするには、髪の毛に栄養を与えればよいと思っていませんか?

それだけでは正しい育毛とは言えません。

髪を作る毛球部に働きかける育毛ケアが一番効果的な育毛方法と言われています。

髪の毛を作る毛球部とは

抜けた髪の毛を調べてみると、毛穴に入っていた部分が円い球のような形になっています。

この球のような形をした部分を毛球部と言います。

この毛球部には毛母細胞とメラニン細胞があります。

毛母細胞は髪を作る役割を、メラニン細胞は髪の色を黒くする役割があります。

毛母細胞が正常に活動すると、細胞分裂によって髪の毛を作り成長させてくれます。

その成長の際に、メラニン細胞も活動することで髪が黒くなります。

もしメラニン細胞が活動しなければ、髪は白髪になってしまいます。

髪が成長しきると、毛球部から自然と髪が抜けます。

髪が抜けた毛穴は休止期に入り、しばらくは髪を作りませんが、成長期になると毛穴に毛母細胞を作り、また髪の毛を作り出してくれます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ