頭皮に優しくするにはブラッシングやドライヤーを見直そう

2012y07m19d_142906046

育毛を始めるときに、育毛に関する商品ばかり気にするのではなくまずあなたが普段どのように髪に接しているのかを意識してみましょう。

意外なところで髪の毛や頭皮を傷つけているかもしれません。

不安なヘアケア方法を変えるだけでも育毛に効果が現れます。

頭皮に負担のかからないブラッシングの方法

髪をブラッシングするときに、ブラシを地肌に当ててガシガシととかしていませんか。

そういった間違ったブラッシングが髪や頭皮を痛めている場合があります。

ここで正しいブラッシングの方法を説明します。

 

ブラッシングの基本は、まず毛先からブラッシングを始めることです。

毛先は髪の毛同士が絡まりやすいので、先に絡んだ髪をほどきます。

毛先をブラッシングしたら、次は髪の毛の真ん中をブラッシングし、最後に髪の根元からブラッシングします。

この一連の流れが頭皮に負担をかけない、正しいブラッシングの方法です。

全体的に言えることですが、決して力を入れてブラッシングしないように注意しましょう。

正しくブラッシングすると、頭皮に付いた汚れを取るだけでなく、毛穴を詰まらせてしまうフケも取り除くことができます。

頭皮の皮脂を毛先まで持ってくるため、マッサージ効果も期待できます。

使うブラシは目の細いブラシよりも、目の粗い木のくしや動物の毛のブラシが理想的です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ