頭皮の皮脂残りが薄毛を進行させる。

頭皮の汚れは薄毛を進めてしまいます。
今回は皮脂残りと薄毛の関係性を見てみましょう。

皮脂残りは薄毛のもと

頭皮の扱いはとても難しいものです。
皮脂残りのようなものが残っているのもよくありませんし、逆に乾燥しているのも薄毛に繋がります。
皮脂残りが頭皮に溜まると途端に毛が抜けやすくなります
このような汚れは頭皮の血行を悪くし、抜け毛を増やしやすくしてしまうからです。
頭皮は血行が良くないと機能を果たさなくなり、脱毛ホルモンも増えてしまいます。
薄毛を対策するなら頭皮の血行を良くすることが大切です。

ヘッドスパで皮脂残りを取る

皮脂残りを除去する手段として、ヘッドスパはとても有効的です。
ヘッドスパでしたら粗方汚れをとってくれますし、頭皮の健康回復にもなります。
ヘッドスパを行ううえで注意すべきことは、必ず定期的に行うことです。
一度ヘッドスパをしたから良いだろうと頭皮を放っておくと、再び皮脂残りだらけになってしまいます。
毎月一回程度など基準を決めてヘッドスパを行うと良いでしょう。

洗髪で皮脂残りを取る

もちろんシャンプーを使い自宅で洗髪するのも皮脂残りを取る手段の一つです。
シャンプーを使うのであれば、ウーマシャンプースカルプDなどの育毛シャンプーをオススメします。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ