薄毛にするドライヤーの使い方

ドライヤーを上手に使う事で薄毛を防止することが出来ます。
どのようにドライヤーを使えば良いのか、今回はそれを見ていきましょう。

濡れたままの髪を放置するのは薄毛の原因

お風呂に入った後、濡れた髪をそのまま放置するのは薄毛の原因になります。
濡れたままにすることで髪の毛を傷めてしまい、それが原因で抜け毛がおきてしまうのです。
タオルで拭くだけで済ましてしまうのもあまり良い手段とはいえません。
どうしてもタオルだけでは拭き取れない水分が髪に残ってしまうからです。
水分は髪を傷めてしまう場合があるので、確実に水分を除去する必要があるのです。

ドライヤーで正しく薄毛対策

その点ドライヤーを正しく使えば薄毛対策になります。
使用する上での注意点として、必ず髪の毛が乾くまでしっかりドライヤーを使うことが挙げられます。
生乾きのままだと逆に髪の毛を傷めてしまいます。
ドライヤーを使うのであれば、水分を出来る限り除去するようにしましょう。

乾かしすぎは薄毛のもと?

ドライヤーを使うと薄毛が進行するという話をよく聞きます。
しかし実際は常識の範囲内で使用するのであれば、ドライヤーが原因で薄毛になることはありません。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ