湿疹・フケ・かゆみによる抜け毛への対策方法

2012y07m25d_111719520

頭皮の環境が悪くなると、髪の毛の成長を止めたり退行期へ早めに移行してしまうため、抜け毛が多くなってしまいます。

そうならないためにも、常に適度な環境を頭皮に作らなくてはいけません。

どのような対策が必要なのでしょうか。

脂漏性湿疹やフケ、かゆみの対策

湿疹やフケが出る場合、髪に悪影響を与えない自然成分しか使用していないシャンプーや、漢方成分が入ったシャンプーが有効だとされています。

そのようなシャンプーをしてもかゆみなどが止まらない場合は、皮膚科へ相談しましょう。

皮膚科ではかゆみ予防として専門のローションやステロイド剤を処方してくれます。

しかしこれらの薬品は人によっては刺激が強く、かゆみを痛みに変えてしまう作用があるので、そのような症状が出た場合はすぐに使用を中止して下さい。

まず、フケやかゆみが出てしまう原因として、頭皮に細菌が感染していたり、皮脂が増えたり、カロリーの過剰摂取、シャンプーの洗い残しなどが考えられます。

一つでも原因が当てはまるようなら、その原因を取り除くための対策をしましょう。

髪を洗うときはお湯洗いを主体とし、2,3日に1回シャンプーで髪を洗うようにしましょう。

食事は食べすぎないよう注意して摂取しましょう。

それでもフケやかゆみが治まらない場合は皮膚科へ出向き、皮膚に影響ができないような治療をしてもらいましょう。

シャンプーが原因でかゆみを起こすこともあるので、パッチテストを行ってみるのも一つの手です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ