頭皮の脂がいろいろな症状を引き起こす?

2012y07m25d_111823734

頭皮の油は適量ならば頭皮を保護してくれる働きがあります。

毛穴に汚れが入らないようにしたり、最近の感染を予防してくれる役目があります。

しかし、油が少なすぎたり、多すぎたりするとさまざまな弊害を生み出します。

皮脂を気にしすぎるのも体に毒

生まれつき頭皮の皮脂の量が多くて悩みを抱えている人がいます。

夜にシャンプーをしても次の日の昼には皮脂を感じてしまうと、それは確かに皮脂が多めと言えます。

皮脂が多いと育毛剤を使用しても髪に栄養が行きにくくなり、育毛の効果が低くなることがあります。

また毛穴に炎症を起こしてしまうことがあるので、対策としてシャンプーは必ずした方が良いでしょう。

シャンプーは育毛用のものを使い、洗髪後に育毛剤を使用することをおすすめします。

過剰な皮脂分泌によって抜け毛が増えたとき、薄毛なのを隠すために髪が多く見せるというスプレーがありますが、成分によっては炎症を引き起こしたり、皮脂を余計に増やしてしまうことがります。

成分をよく確認して、逆効果にならないような商品を使うようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ