夏は頭皮に負担をかけてしまう季節!清潔な頭皮を維持しよう

2012y07m27d_092706674

夏は汗をかきやすく、皮脂も溜まりやすいです。

そうなると頭皮に負担をかけてしまい、秋になると一気に抜け毛が増えてしまいます。

通常時と同じような抜け毛量を維持したいのであれば、夏でも育毛での頭皮のお手入れを怠らないようにしましょう。

夏の頭皮のお手入れ方法

夏は皮脂が頭皮に溜まりやすいので、他の季節よりも多く頭皮を洗いましょう。

洗髪は毎日か、最低限2日に1回は洗髪するようにしましょう。

雨に濡れてしまったり、整髪剤を付けた日はなるべくその日のうちに洗髪して汚れをしっかり落とすべきです。

シャンプーは髪や頭皮にあったシャンプーを使い、ゴシゴシ洗うのではなくマッサージするように優しくシャンプーしましょう。

湿気による蒸れも大敵なので、髪に適度に風を送る必要があります。

汗をかいたら素早くタオルで汗をふき取りましょう。

蒸れを感じたらドライヤーのクールモードで冷たい風を頭皮にあてて風通しをよくしましょう。

蒸れないように帽子などを長時間つけないようにするのも大切です。

髪や頭皮を清潔に保ったら、育毛剤で充分栄養を補給しましょう。

汚れや皮脂が付いている状態では育毛剤の効果が出にくいので、必ず清潔な状態にしたから育毛剤を使用しましょう。

暑い夏や雨の降る梅雨時は運動する機会が減ってしまいますが、室内でできる運動をして血行を良くする努力をしておきましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ