冬は乾燥によって抜け毛リスクが高まるので注意!

2012y08m01d_234902946

冬は汗もあまりかかないため抜け毛のリスクが減ると思っていませんか。

実は汗をかきやすい夏と同じくらい、冬も抜け毛のリスクを抱えているのです。

いったいどのようなことが髪にダメージを与えているのでしょうか。

冬に抜け毛のリスクを高める5つの項目

・空気が乾燥している

冬は湿度が低くなるため、空気が常に乾燥している状態になり頭皮も乾燥させてしまいます。

特に室内は乾燥して更に暖房が効いているので、より頭皮の乾燥を進行させてしまいます。

 

・頭皮が冷えて血行不良になる

頭皮の血流が悪くなると髪に栄養が届かなくなり、さまざまなトラブルを引き起こします。

新陳代謝が弱くなる、皮膚が荒れるといった症状は頭皮の血行不良が原因です。

 

・皮脂の分泌量が少なくなる

冬になると皮脂の量が夏に比べて少なくなります。

皮脂は頭皮を保護し、潤いを保つ役割があるため、皮脂が少なくなると頭皮の潤いがなくなってしまいます。

 

・熱すぎるシャワーで髪を洗ってしまう

冬は寒くなるため、ついつい熱いお湯でシャワーを使ってしまいます。

熱すぎるシャワーは頭皮の皮脂をすぐに奪ってしまうので、頭皮の乾燥を深刻化させてしまいます。

 

・ドライヤーを使いすぎる

ドライヤーは温かい風で髪を乾かすので、寒い冬の時期はつい長く髪を乾燥させがちです。

長くドライヤーを使っていると頭皮にも熱風が当たり、必要以上に乾燥させてしまいます。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ