夏ならではのダメージから髪を守ろう!

2012y08m15d_113211121

夏には髪にダメージを与える要因がたくさんあります。

それらの要因に一つ一つ対策をすることで、ダメージ被害を最小限に抑えることができます。

夏にはどのような髪へのダメージがあるのでしょうか。

夏ならではの髪へのダメージとその対策

・紫外線が髪をパサつかせる

紫外線を浴びることで、肌だけでなく髪も日焼けします。

紫外線が髪に当たることで、髪を作っているタンパク質の構造が変化し、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。

そのため髪がパサついたり、切れ毛や抜け毛が増えてしまいます。

紫外線を浴びすぎると髪が茶色くなったりすることもあるので、紫外線はできる限り浴びないようにしましょう。

屋外に出るときは帽子をかぶるなどの対策をしておきましょう。

 

・頭皮の皮脂によって日焼けしやすくなる

頭皮からは皮脂が常時出ていて、頭皮を保護する役割があります。

しかし真夏に皮脂が頭皮を覆っていると、ちょうどオイルが塗られた状態に酷似するので、頭皮の日焼けを助長してしまいます。

頭皮を日焼けさせないためには、帽子をかぶって日光が当たらないようにすることが大切です。

また分け目を頻繁に変えて、同じところに日光が当たりすぎないようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ