紫外線が多い6月~8月は髪や頭皮のダメージに要注意!

2012y08m17d_144710787

夏になると途端に紫外線量が増え、髪や頭皮に悪影響を及ぼします。

目に見えないものだからこそ、普段からダメージ対策をしておくことが大切です。

紫外線のダメージ量によって、秋以降の髪の健康がかかっていると言っても過言ではありません。

季節による紫外線量の違い

6月から8月にかけては紫外線量が最も多くなる時期となっています。

紫外線にはA波とB波の2種類があります。

A波は皮膚の奥にまで届いてダメージを与える性質を持っています。

そのA波は夏になると冬の2倍の量で頭皮に襲いかかります。

B波はA波よりも強いエネルギーを持っています。

その強さが夏には冬の約6倍になります。

冬と同じ紫外線対策をしていても、6倍の強さがあるので完全にダメージを食い止めることができません。

髪が紫外線によって日焼けしてしまうと、キューティクルが損傷した箇所から水分が飛んで乾燥しやすくなります。

その結果切れ毛や抜け毛が多くなります。

特にパーマやカラーリングをしている方は紫外線によって髪が傷みやすいので注意が必要です。

パーマやカラーリングはできれば秋や冬に行い、紫外線をあまり浴びないように心がけましょう。

夏は汗をかきやすいので、それもダメージを増やす結果となります。

汗や皮脂はこまめに皮膚からなくすようにしておきましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ