冬に育毛ケアをおろそかにしていると春にダメージがやってくる

2012y08m18d_142655083

冬は育毛剤の効果を感じにくくなる時期になります。

なぜなら新陳代謝が活発にならず、頭皮も休止期に入っているため髪を作る作業自体が弱まっているからです。

だからと言って育毛ケアをおろそかにしていると、新陳代謝が活発になる春にツケが回ってくることになります。

冬にはなかった紫外線のダメージが頭皮に直接届くように

夏ほどではありませんが、春にも紫外線が強くなることがあります。

日によっては夏並みの紫外線量になることもあるので、冬の育毛ケアだけでは充分頭皮を守ることができません。

冬は太陽に当たることが少ないため、春になって急に強い紫外線が当たるとダメージを防ぎきれず頭皮にトラブルが起こることがあります。

そのため冬の間から紫外線に負けないような頭皮を作る準備を始めなくてはいけません。

紫外線以外にも、春先での髪のトラブルは多くあります。

冬に比べて気温が暖かくなるため、冬には少なかった皮脂や汗が出るようになります。

そのため皮脂やほこりが頭皮の毛穴を詰まらせて髪の成長を妨げることもあります。

詰まりを放置してかゆみや炎症を起こす前に、洗髪をして余分な皮脂や汚れを洗い流すようにしましょう。

洗髪の回数も冬と同じではなく、環境の変化に合わせて調節しておくと良いでしょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ