春になったら髪の毛のダメージ対策を考え直してみよう

2012y08m18d_142755662

冬は髪や頭皮にダメージを与える要因が少ないため、ついついダメージ対策を怠りがちです。

春になると、冬には想定していなかった環境要因が髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

暖かくなってきたなと感じたらダメージ対策について考え、髪や頭皮のダメージを最小限に食い止める努力をしましょう。

春になると増える紫外線量と皮脂・ホコリ

冬と春の髪ダメージ要因の一番の違いは、やはり紫外線です。

どんなに涼しくても、風が冷たくても晴れていれば紫外線は頭皮に降り注いできます。

天気予報を見て晴れのマークがあれば、帽子や日傘を用意しておいた方が良いでしょう。

春になると皮脂や汗が出やすくなるので。毛穴が詰まりやすくなっています。

汚れやすい毛穴を清潔にするためにも、洗髪の回数を調整しましょう。

春になって髪や頭皮のべたつきが増えたようなら、洗髪回数やシャンプーでの洗髪回数を増やしてみましょう。

冬と同じ回数のままだと、どんどん汚れが溜まっていくようになります。

春の間に頭皮を清潔にし、しっかり育毛していないと、夏の強いダメージに髪が耐えられなくなります。

夏のダメージを受けにくい髪にすることを目標にして、毎日の育毛ケアを継続することが大事です。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ