間違った育毛ケアは髪の毛の寿命をどんどん短くしている

2012y08m25d_150325781

育毛に良いものをたっぷりつける、汚れをごしごしとしっかり落とす。

これらは間違った育毛ケアの仕方です。

髪の状態や特性を意識することで、正しい育毛ケアを行うことができます。

間違った育毛ケア・正しい育毛ケア

●熱いお湯を使って洗髪する

お湯が熱すぎると頭皮にある皮脂を取りすぎてしまい、頭皮の保護作用が薄くなってしまいます。

暑すぎない温度で洗髪するようにしましょう。

 

●洗髪のときにゴシゴシ爪を立てて洗う

爪を立てることで頭皮を気づつけてしまいます。

傷ついた所から炎症を起こすこともあります。

洗髪は爪を立てず、やさしくマッサージするようにしましょう。

 

●髪を乾かさずに就寝する

洗髪後に髪を乾かさないまま寝てしまうと、頭皮が無防備な状態になり細菌が繁殖しやすくなります。

ドライヤーで乾かしてから就寝するようにしましょう。

 

●頭皮にトリートメントを付ける

トリートメントは髪の毛に付けるもので、頭皮につけるものではありません。

なるべく頭皮につけず、付いた場合はシャワーでしっかり洗い落とすようにしましょう。

 

●ほつれた髪を無理やりブラッシングする

ブラッシング中髪がひっかかってもそのままブラシを通そうとすると、髪が切れたり抜けたりしてしまいます。

髪が絡まったときはコンディショナーなどで絡まりをとりましょう。

ブラッシングは髪や頭皮にストレスを与えないようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ