ヘアサイクルを一定に保つことが育毛の最終目標である!

2012y08m26d_151438971

育毛をするにあたって、ヘアサイクルについて考えることはとても重要なことです。

なぜならヘアサイクルを整えることで、新しい髪が生えてくる準備が万全になるからです。

さらに元々ある髪も順調に健康に育つようになります。

ケアサイクルの期間をよく知っておこう

私たち人間の体には多くの毛があります。

その全ての毛が「ヘアサイクル」という周期を守って生え変わりをしています。

髪は成長しきると3週間退行期に入ります。

この期間は髪は成長せず、抜けもしない状態になっています。

3週間が過ぎると毛が抜け落ち、休止期に入ります。

休止期の期間は約3ヶ月となっています。

休止期が終わり、成長期に入ると新しい髪を毛根が生成するようになります。

成長期の期間はおよそ3年から5年とされています。

長い成長期が終わるとまた退行期へと突入して行きます。

この周期は毛の健康状態や生えている場所によって変化しますが、頭髪に関しては平均してこのようなヘアサイクルを辿るとされています。

成長期の期間は全体のヘアサイクル期間の約90%を占めています。

しかし髪の健康が損なわれると、髪全体の成長期の期間がどんどん短くなり、休止期に入る髪が増えてしまいます。

成長期の占める割合を元に戻すために、育毛剤の使用や生活習慣の改善をしなければいけないのです。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ