髪や頭皮が日焼けするとどんなトラブルが起きるのか?

2012y08m30d_103239707

紫外線が強く、髪や頭皮が日焼けしやすい時期は要注意です。

なるべく髪や頭皮は日焼けしない方がいいでしょう。

もし日焼けをしてしまうと、様々なトラブルが髪や頭皮に襲い掛かります。

日焼けした髪の状態と起こるトラブル

髪に紫外線が当たると、髪を生成しているたんぱく質が変化します。

その変化の影響で、髪を保護しているキューティクルが剥がれて変色してしまいます。

それにより髪が色あせることがあります。

さらに髪の乾燥を進行させるので、つやや潤いがなくなってパサついたりごわついたりします。

紫外線の影響を受けたままダメージ補修をしないと、切れ毛や枝毛が増えて薄毛の原因を残してしまうことになります。

 

日焼けした頭皮の状態と起こるトラブル

頭皮は肌と同じ性質なので、日焼けするとその他の肌と同じような状態になります。

頭皮が日焼けしすぎると乾燥し、炎症が起こります。

また、紫外線を浴びすぎるとコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊するため、頭皮の弾力がなくなり硬くなってしまいます。

頭皮が硬くなるだけでなく頭皮から皮が剥けてフケになったり、頭皮がかゆくなって赤くなることがあります。

長い時間日焼けをしていると、そのまま抜け毛を増やすことにもなります。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ