夏のヘアケアが秋からの抜け毛の量を左右することになる

2012y08m30d_103449669

夏は比較的抜け毛が少なく、髪が成長していく時期になります。

しかし、夏は抜け毛を増やす要因が多い時期でもあります。

夏にしっかり育毛ケアをしていないと、秋以降ぬけ画が一気に増えてしまいます。

しっかり対策して秋の抜け毛を少なくしよう

夏には紫外線、日焼け、乾燥、冷えなど、育毛によくない要素がたくさんあります。

それらの要素から少しでもダメージを受けないように対策をしておけば、秋の抜け毛ラッシュを少なくさせることができます。

対策としては、帽子や日傘の使用です。

帽子や日傘が苦手ならば、髪のUVカットができるスプレーが市販されているので、それを利用してみましょう。

髪の分け目をいつも同じにしていると、分け目の部分だけダメージを受けやすくなります。

頻繁に分け目を変えて、分け目にかかるダメージをなるべく減らすようにしましょう。

もし日焼けをしてしまったら、早めにケアをしておきましょう。

日焼けした部分を冷やし、赤みを取り除いておきましょう。

その後育毛シャンプーや育毛剤を使用して、髪のダメージを補修ししっかりと栄養を送るようにしましょう。

日焼けした状態でシャンプーする際、シャワーの温度を上げすぎないようにしましょう。

熱いシャワーは日焼けした髪や頭皮には良くありません。

ちょっとぬるいくらいの温度で洗髪するようにしましょう。

もし日焼け後、頭皮を冷やしたりケアをしても赤みが引かない、かゆみがあるという場合には早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ