正常な頭皮にするには皮膚の仕組みを知っておこう

2013y01m14d_163133453

脱毛対策は、ただ育毛剤を使えば良いというわけではありません。

頭皮の仕組みや脱毛のメカニズムを知ることで、どうして脱毛が起きるのか、どうすれば脱毛を止め、髪を増やすことができるのかを知ることができます。

基本的な知識がなければ余計な育毛ケアをしていることにも気づけなくなります。

頭皮の仕組みとは

頭皮というのは他の皮膚よりも少し複雑な構造になっています。

一番外側にある皮膚は表皮と呼ばれ、その厚さは約1mmほどしかありません。

その表皮の上には表皮を守るための角質層があり、これは外からの刺激から表皮を守るためにあります。

角質層の下には2つの細胞層があります。

基底細胞はタンパク質によって作られ、生成されて1か月もすればフケとして角質層から排出されます。

この1か月のサイクルを正常に保つことで、健康な頭皮を維持し、脱毛ケアや育毛ケアの効果が出やすくすることができます。

メラニン細胞は紫外線を浴びることで皮膚に色素沈着を起こすことがあります。

育毛に影響が出ることはあまりありませんが、頭皮に紫外線を浴びすぎると皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあるので、なるべく紫外線を浴びないようにしましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ