お酒の飲みすぎは髪にも影響が出てくる

2013y02m04d_162755910

ストレス発散のため、コミュニケーションを取るためにお酒を飲むことはよくあります。

お酒を飲みすぎてしまうと身体のいたるところに影響が現れます。

毛髪も影響が出る部分の一つであることを認識しておきましょう。

お酒は飲みすぎず適度な量でとどめておこう

お酒を必要以上に摂取すると、中枢神経を抑制する作用や循環器作用、消火器作用などのあらゆる部分に影響を及ぼします。

急性アルコール中毒になる危険性もありますし、アルコール依存症のように身体的にも精神的にも悪栄養を及ぼしかねません。

一番怖いのはアルコールを分解する機能が低下することです。

アルコールは肝臓で分解されています。

お酒を大量に飲むと肝臓に強い負担がかかり、機能自体が低下してしまいます。

肝臓の機能が低下すると体全体の機能も低下し、悪影響がより出やすくなります。

その機能低下が髪にも起こり、髪を成長させる機能が弱くなることで抜け毛が増えてしまいます。

適度な量がどれほど課は個人差がありますが、程々な量に留めておいて肝臓や身体に負担をかけないようにしながらお酒を楽しみましょう。

関連記事はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ